この世の中(物質社会)には、私にとって
不思議だなあと思う事が割とあります・・・


その中でもこれはどう考えても違和感があるので、
その事について書いてみます。



それは・・・


「スピリチュアル」というジャンル分けについて



私は、オーラソーマやレイキを長年実践していますし、
瞑想の実践も日々の習慣のひとつです。



私がオーラソーマやレイキを始めたきっかけを一言
で言えば


「現実をしっかり自分らしく生きる為」


です。



レイキも瞑想も、自分の奥深く(魂)と繋がり、
自分の本質を見極め、最善の道を選択する為
のものだと思います。



けれども・・・
肉眼で一般的に捉える事の出来ない話をすると
人は構え始めます。


「ちょっとあの人、大丈夫? 
 かなりスピだよね・・・」的な感じ・・・


けれども実際は・・・
現実逃避する為に瞑想したりレイキをしたり
している訳もなくて、全く逆でね・・・


「グラウディング」つまり、地にしっかりと
根を張り、自分の与えられた役割において最善
を尽くす為にしているのです。


どうして、日本ではスピリチュアルと言う
ジャンルが何かふわふわした怪しい感じに
なってしまったのだろうか・・・



残念でならないのです。



私は、人の意見はどうでもよいタイプで・・・
自分らしく生きたい
ただそれだけなので・・・
別にジャンル分けがどうでも、良いのですが・・



やっぱり時々ショックを受ける事があります


「レイキ? 怪しくないの?」みたいな事を
親しい友人の中にも言う人がいたり・・・


精一杯説明していても、説明すらブロックして
聞こうとしない、という人もいて・・・



すごく違和感を覚える事があります。



風の時代が始まったとは言っても・・・
まだまだ土の時代を生きている人も多い


これからが本番なのだろうな・・・
少しずつ努力を重ねていきます。


2B5E54F5-0049-4C0D-97AF-54B839532031




YUMI