あなたが感じたそのことには
正解も不正解もない


あるのはただ、あなたが感じたそのこと


ありのままのそのこと




それなのに、人(日本人と言えるかも・・・)
はなぜだか 自分の感じたことが



「正しかったか?」



「ほかの人と同じか?」


が気になるようだ・・・





私は、自分の感じたことがすべてだと
信じ切っている




そしてそこにはほかの人との比較など存在しない





さて、あなたはあなたの感覚とどんなふうに
お付き合いされているでしょうか?




感覚さんを信じてあげると
感覚さんは必ずあなたに大切なメッセージを
運んでくれるようになります



あなたとあなたの感覚さんの間の
「信頼のパイプ」はどんどん太くしなやかに
成長していきます


すると・・・


真の直感と、思考から来た考えや思い付き
をはっきり区別できるようになるものです






5099F2C6-A2BB-402F-AFD2-920C1815D3BF




YUMI